• ホーム
  • 大和ハウスは強い家づくりが自慢!

大和ハウスは強い家づくりが自慢!

2020年01月23日

大和ハウス(ダイワハウス)の注文住宅には、強い家xevo(ジーヴォ)があります。強い家の強さとして掲げられてるのは、地震・経年・土台・チームワークです。地震は震災対策の意味であり、業界屈指の耐震技術をして不安を取り除く家つくりを実現しています。

経年は水気・風・太陽光などによる劣化を表し、大和ハウスのzevoではそれらによる劣化も防止します。土台は企業自体の安定性を表していますが、大和ハウスは1955年に創業した歴史と最も持続の可能性がある企業100社に選ばれた経営母体から土台も強いと言われています。チームワークはTeam-xevoという専門のチームでまとまっているため連携が良く、伝達も不備が生じにくいと想定されています。また、注文住宅の商品には3階・4階・5階建てのskye(スカイエ)もあります。xevoは地震に対する強さが売りで、加えて断熱性能も高いことから安心かつ快適な住まいづくりがコンセプトです。xevoは専門チームが細かな要望に応えてくれる他、購入後は24時間年中サポートしてくれます。

大和ハウスの評判は、インターネット上の口コミを見る限りではネガティブな反応も少なくないと言われています。しかし、反対にインターネット上の評判は大してあてにならなかったという口コミもあります。

住居環境に関しては誰かから発信されたインターネット情報だけでなく、自分で現地確認をしたり、専門家から情報を見聞きした方がネガティブな口コミに惑わされず、適切な判断がしやすくなります。初期段階としてはインターネットは有効ですが、確かな情報になるのは購入後の口コミ・物件概要・近隣施設・地域制度くらいです。

インターネット情報で良いかもと感じた時は、現地で情報収集しましょう。街や物件の雰囲気・日当たり・風通り・交通量・騒音・最寄り駅や周辺施設までの距離・朝昼夜の印象など、実際にその場にいることで分かる情報収集が大事です。そして最終段階として、専門家に相談してみましょう。設備や構造に関する専門知識を教えてくれたり、メーカー特徴・予算・ライフプランの立て方などのアドバイスしてくれます。

注文住宅の評判はその人がどのようなことを希望したのかも関係しますし、どのような土地や場所に建設したのかも大きく影響します。あくまで参考程度にはなりますが、インターネット上の反応を鵜呑みにするのは判断力を鈍らせます。参考として踏まえ、実際に見る・聞くということも大事にしましょう。