• ホーム
  • 家づくりに絶対の自信がある一条工務店

家づくりに絶対の自信がある一条工務店

2019年09月17日
男性に鍵を出している不動産スタッフ

一条工務店は東海エリア中心のハウスメーカーでしたが、平成10年に独自の免震構造を発表すると反響を呼び、全国展開へと急成長を遂げました。今も免震住宅シェアNo.1を誇り、高い評判を得ています。家は、性能が大事と考えているハウスメーカーです。

耐震・省エネ・健康・耐久といった標準性能を追求しており、老舗として家づくりに自信があります。その自信に釣り合う社会的評判も確かに得ているため、耐震性ある快適な暮らしを求める方におすすめされます。

多くのハウスメーカーは住宅展示場でオプション満載の展示する傾向にありますが、一条工務店のモデルハウスは基本的に標準仕様です。出窓・60色の選べる外壁色・システムキッチン・断熱浴槽・防犯ガラスなどはオプションではなく、標準装備として取り入れることができます。

家は性能という点から太陽光発電や床暖房といった省エネ設備も充実しています。太陽光発電は設置時のコストパフォーマンスが問題で利用をためらう方が多いと言われていますが、一条工務店では初期費用0で太陽光発電システムを導入することもできます。初期費用0円で利用すれば省エネに繋がる、コストパフォーマンス的に嬉しいことが多いです。

一条工務店の注文住宅には、セゾン・i-Cube・円熟の家百年があります。セゾンは外壁にレンガタイルを使用したヨーロピアンデザインで、天井・壁・床・窓枠などの造作材には耐久性が高いソロモンマホガニーを使用しています。近代的でコンパクトなAタイプと、洋館を思わせる広々としたラグジュアリーデザインのFタイプがあります。どちらにも、全館床暖房と熱交換換気システム(室内空気を入れ替え室温を快適に保つシステム)を導入しています。

i-Cube(アイキューブ)は、シンプルかつスタイリッシュなキューブ型デザインが特徴です。外壁・天井・床には外内ダブル断熱法、窓と部屋の間には断熱ハニカムシェードが用いられています。そこに熱交換換気システムも導入することで断熱性と気密性を高め、夏も冬も冷暖房代を抑えながら快適に過ごすことができます。

円熟の家百年は、昔ながらの古き良き日本家屋を思わせるデザインです。瓦屋根・壁や柱に木材・畳と障子の和室空間があり、そこに洋室仕様も組み合わせて和モダン仕上げにすることもできます。他シリーズと同様に全館床暖房と熱交換換気システムが導入され、さらに防腐防蟻加圧注入処理済み木材を使用することで耐久性と耐震性も高くなっています。

評判に関しては、設計は良くても下請けの腕に不満がある・アフターフォローは迅速な対応で良い・暖房や省エネの設備が快適に繋がっているなどの口コミが多く見られます。また、営業マンの押しが強いとの口コミも多めです。その傾向は営業マンにより差は出ますが、数あるハウスメーカーの中でも押しが強い可能性は視野に入れておきましょう。